渋谷のクリニックでも処方の避妊薬は28日間服用

渋谷や渋谷周辺には数多くのクリニックが、軒を連ねています。
内科や外科、美容外科などのクリニックの他に、婦人科も渋谷エリアにはいくつかあり、避妊薬であるピルの処方もしてもらえます。

日本では避妊といえば、コンドームというイメージが定着していますが、海外で避妊といえばピルが基本です。
コンドームでは確実に避妊の効果を得られません。
ピルであったら、99・9%と高い避妊率を誇ります。

また、避妊目的だけでなく、無月経や月経過多、子宮内膜症といった婦人科系の病気の治療や、最近はニキビ治療にもピルを処方するクリニックが増えつつあります。

ピルには人工的に作られた、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが、主成分となっており、服用する事で女性ホルモンのバランスを整え、様々な効果を発揮する薬です。

妊娠は排卵が起こる事でしますが、ピルを服用する事によって女性ホルモンのバランスが変わる為、排卵しなくなります。
排卵が無いので、ほぼ100%ピルで避妊する事が可能なのです。

正しく服用する事によって、28日という正常な月経周期に戻せる為、月経不順の改善にも効果的です。
子宮内膜の増殖を抑える働きもある事から、子宮内膜症の治療や月経過多の改善にも効果を発揮します。

基本、ピルには21日間本薬を服用し、その後7日間休薬するタイプと、21日間服用してその後、疑似薬を7日間服用し系28日間飲み続けるタイプがあります。
どちらも、28日という期間が目安となるので、その点は考慮しましょう。

生理を遅らせたいという場合は、21日以上飲み続け、ピルの服用を止めた時点で生理が始まります。

避妊目的だけでなく、ピルは女性が感じる様々な不調をサポートしてくれる薬なのです。