避妊薬を服用したのに失敗する原因

男性と女性が愛し合ってセックスをすると、妊娠をしてしまう可能性があります。結婚をしていたり、将来について考えている二人であれば、喜ばしいことなのですが、誰もがそのような状態にあるとは限りません。軽い付き合い程度だったり、会ったばかりで全く共に生きることなど考えていない人など、本当に人によって事情はさまざまです。ですから、妊娠したら困るというカップルでは避妊をする必要があります。
日本の社会においては、やはり最もポピュラーなのがコンドームです。男性がつける避妊具なので、感度の問題などもあって、それを好まない人がいたりするのも確かです。避妊に協力的でない相手では、ほかの方法を考えるほうがいいと判断する女性もいるのです。そういった時にいいのが、経口避妊薬の服用です。低用量ピルともいうのですが、毎日きちんと飲む続けることによって、ホルモンバランスを整えて、排卵を抑制してくれる作用があるのです。女性の生理周期を28日として、21日服用するタイプと28日服用するタイプがあります。共に同じ作用があって、21日間はホルモン剤の入った錠剤を飲み続けて休むか、7日間ホルモン剤の入っていないダミーの錠剤を飲むかの違いになります。ですから、自分の飲みやすい方を選ぶようにしていきます。
そこで、問題になるのが、きちんと毎日飲むことができるのかということです。一定期間、飲み忘れてしまうと効果がなくなるので、ほかの避妊法に切り替える必要があります。毎日同じ時間に飲むことが基本ですが、飲み忘れても48時間以上空かなければ効果は持続します。しかし、それ以上空いてしまうと妊娠する可能性が出てくるのです。
ですから、正しい飲み方をしなければ失敗してしまうこともあるわけです。

通販できる人気のピル
トリキュラーを正しく飲んでしっかり避妊>